前衆議院議員新井悦二
前衆議院議員新井悦二からのフォトニュースをメインにお届けするBLOGです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフィール紹介
新井二(Etsuji Arai)
       兄は改革派の新井家光深谷市長

《経歴》
1957年・昭和32年9月4日、埼玉県深谷市生まれ。
(A型乙女座、179㎝、75㎏。)

1984年・昭和59年3月 神奈川歯科大学卒業。
(同年6月7日第75回歯科医師免許取得、第92445)

昭和59年6月 深谷中央クリニック医科歯科勤務
昭和61年 月 深谷中央病院 副院長就任
平成10年4月 介護支援専門員
平成12年4月 埼玉医療福祉専門学校 理事長就任
平成15年4月 介護認定審査委員

平成15年4月 埼玉県議会議員初当選。
H15 県土整備委員、環境保全・食品安全・災害対策特別委員
H16 健康福祉委員、少子・高齢福祉社会対策特別委員、予算特別委員
H17 産業労働企業委員、中小企業・雇用・景気対策特別委員

平成17年9月 埼玉11区 衆議院議員初当選。
---------------------
埼玉県第11区市町村は、

秩父市、本庄市、深谷市
横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、
東秩父村、美里町、神川町、上里町、
寄居町、熊谷市の一部・旧江南町(13市町村)
---------------------


《役職》※平成20年9月現在

衆議院
○厚生労働委員会 委員
○国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会 委員
○災害対策特別委員会 委員

自民党
○国会対策委員会 委員
○厚生関係団体委員会 副委員長
○農林水産関係団体委員会 副委員長
○社会保障制度調査会・医療委員会歯科診療に関するプロジェクトチーム 副主査


《連絡先》              
深谷事務所
〒366-0035 埼玉県深谷市原郷500
         【TEL】048-573-9246
         【FAX】048-574-5175
         【E-mail】etuji-arai@jade.plala.or.jp
         【H.P.】http://arai-etsuji.jp         
         【Blog】http://blog97.fc2.com

《興味のあること》
■社会保障制度改革
■小さな政府をつくります。
「小さな政府」とは、官が民の邪魔をしない政府のことです。官の組織を小さくして、官が使うお金を減らします。官の規制や許認可を撤廃して、民間が仕事をしやすくします。小さな政府を実現し、個人が自由に活力を発揮できる社会の中で、新しい技術/サービスを核とした起業・創業を支援します。そして、経済と産業の国際競争力を強化し、民間主導の経済成長を持続させます。少子高齢化の中でも、国民の負担はできる限り小さく、国民の活力はできる限り大きく。
■官の役割を許認可からチェックへ。
官が小さくなっても、「安心」は失われません。許認可からチェックへ。官が民の邪魔をしないで、安心、公正、安全な社会をつくるには、チェック機能を充実させることが大切です。自由経済の中で安心して生きていくには、ルールと秩序、不正の撤廃と厳格な監視が不可欠です。そこで、官の役割を市場の監視や不正の撤廃・取り締まりなど、ルールと秩序を維持する「番人」型に転換します。こうして、民間活力を増進させる規制緩和を進めると同時に、国民の暮らしの安全と安心を守り抜きます。
■地域住民と向き合い、自立し、責任をもつ、真の地方自治を確立します。
21世紀の日本は、「小さな政府」によって、地方が主役の時代になります。地方にできることは地方にまかせます。補助金改革、税源移譲、交付税改革を一体とした地方分権改革を進めています。同時に、地域住民に理解を得られる自治を行うために、地方財政の健全化、民間と比べて高過ぎる公務員給与の削減、本当に必要な仕事の財源負担を地域住民にお願いする課税自主権の発揮など、地域に根を下ろした地方分権改革を推し進めていきます。また、将来はより大きな権限と財源、責任を地方に移譲し、「国から地方へ」役割分担を移します。このため、道州制の検討と、その先行的試みとしての北海道道州制特区を推進します。
■改革加速をさらに。
官の関与を減らし民間の力を引き出す改革が、新しい成長のエンジンとなることが明らかになったのです。常に小さな政府の実現を念頭に、あらゆる改革に取り組み、公的部門の改革を一気に加速します。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。