前衆議院議員新井悦二
前衆議院議員新井悦二からのフォトニュースをメインにお届けするBLOGです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 歯科診療に関するプロジェクトチーム中間とりまとめ
社会保障制度調査会医療委員会 歯科診療に関するプロジェクトチーム次第
                           党本部701号室

                         平成19年11月15日(木)8:00~
                                 議員出席者66名
一、開会の挨拶  井上信治主査

一、挨拶  鈴木俊一社会保障制度調査会長 

       大村秀章医療委員長 衛藤晟一厚生労働部会長

一、中間取りまとめ(案) 説明 井上主査     (質疑・応答)

一、閉会

{団体出席者}日本歯科医師会大久保会長他4名日本歯科医師連盟永山会長他2名


歯科保険医療の充実に向けて!

 15日(木)朝8:00からのPT中間取りまとめについては、各議員より活発な発言が数多く出て、40分予定の会議が大幅に伸びて1時間を超しました。
 小泉改革ではじまった5年で総額1兆円以上、年間2200億円の削減について、昨年医科の中だけで1200億円の削減を上げたわけですが、 小さな歯科が700億円も負担した事に付き、大多数の議員からこの異常な事態をなんとかしなければ歯科は壊滅する。!
 このとりまとめでは甘すぎる!
 具体的に診療報酬をアップさせるべく具体的に書き直せ!!
との意見が続出しました。この為16日(金)8:00~党厚生労働部会へ提出するため加筆修正を下記にあらためてアップさせていただきます。
 このPTをステップに来年の診療報酬改定にに向け、ことあるごとに部会などで発言して参ります。


中間とりまとめ


 本格的な少子高齢社会を迎え、健康で豊かな生活を営む上で、歯の健康は、一層重要となっている。他方、歯科医療を取り巻く環境は、たいへん厳しくなっており、良質で、安全・安心の歯科医療を提供するためには、歯科保健医療の充実と歯科医師の資質向上が必要である。
 歯科PTにおいては、これまで、歯科保健医療の現状と諸課題について、4回の議論を重ねてきたが、今後、取り組むべき項目について、下記のとおりとりまとめた。

I適切な診療報酬改定等の実現

国民が安心して納得できる歯科医療を享受できるよう、質の高い歯科医療サービスをより効率的かつ適切に提供することは重要である。
しかしながら、平成18年度の歯科医療費は、実質で前年度比マイナス3.9%となり、歯科医療機関の環境を整備することが喫緊の課題である。このため、次回の診療報酬改定において改善を図るとともに、特に、下記の項目について、重点的に対応すべきである。

(1)歯科医療に関する技術の進展や、保険医療における歯科の位置づけの重要性を踏まえ、診療報酬等の面からも適正な技術評価を行うべきである。
(2)後期高齢者の歯科医療については、在宅患者の治療と継続的な口腔管理を重点的に評価すべきである。
(3)歯科医療機関が患者に提供する診療情報については、診療報酬上の算定要件を見直し、症状に変化がない場合や指導方法に変更がない場合には不要とするなど、真に有効で必要と考えられる場合に提供するものとし、文書提供に伴う歯科医1療機関の事務負担を軽減すべきである。

Ⅱ歯科医師の資質向上と需給対策

歯科医師の需給対策については、平成18年の文部科学・厚生労働両大臣による確認書を踏まえ、新規参入の削減に向け下記の取組が必要である。

(1)本来、新規参入歯科医師の削減は歯科大学・歯学部の入学定員の削減により行うべきであり、まず、平成10年の歯科医師の需給に関する検討会報告書(厚生省)等における目標である10%の削減を早期に実施する。
(2)これに併せて、歯科医師の資質向上の観点からも、歯科医師国家試験の合格基準を引き上げる。
(3)歯科医療をとりまく状況に対応し、改めて政府において歯科医師の適正な需給を示した上で、歯科大学・歯学部の再編・統合を含め、さらなる新規参入歯科医師の大幅な削減対策に努める。
(4)なお、平成18年度から必修化された歯科医師臨床研修については、歯科医師の資質向上に大きく寄与するものであり、需給対策との関連も含め、制度の見直し、充実に向けて検討を行う。また、歯科医師の活動分野について医師との役割分担の在り方も含め検討する。

Ⅲ8020運動等歯科保健対策の推進

8020運動は、国民に広く浸透し、8020達成者の増加等、大きな成果を上げている。全身の健康の維持・増進の点からも、下記の歯科保健対策を進めていく必要がある。

(1)8020運動推進特別事業は、地域におけ保健対策推進の中核的役割を担っており、地域の保健医療関係者からも高く評価されており、今後とも継続して実施する。
(2)さらに、食育や、生活習慣病対策との連携を進める観点から新健康フロンティア戦略における「歯の健康力」を推進する。
また、後期高齢者等への在宅医療・介護への対応を進めるため、これに対応できる歯科医師等を養成する。

開催の経緯
第1回3月7日議題:歯科保健医療の現状と課題
第2回3月23日議題:歯科医療の現状
第3回5月16日議題:高齢者歯科医療について
第4回6月14日議題:口腔管理と介護予防そして後期
高齢者医療の展開について
第5回11月15日議題:中間とりまとめ(案)について
                               以上
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。